スプラッシュトップ ストリーマーで利用可能な設定の確認

2021-08-19T02:07:53.943Z

スプラッシュトップ ストリーマーで利用可能な設定の確認

自動起動を有効にする
このチェックボックスを使用すると、コンピュータの起動時に Splashtop ストリーマーがオンになるため、コンピュータが起動してインターネットに接続されるとすぐにコンピュータに接続できます。

サウンド
これらの異なるオプションを使用すると、コンピュータにリモート接続したときにサウンドを制御する方法を制御できます。

設定1.jpg

リモートプリント
必要なドライバをここにインストールすると、Splashtop 接続を介してリモート コンピュータからローカル プリンタにファイルを印刷できます。

アイドルセッションのタイムアウト
ここでタイマーを調整すると、一定時間アイドル状態になっているセッションを切断するように Splashtop を設定できます。

設定4.jpg

接続時の追加認証(パスワード)設定
これらのオプションを使用すると、Splashtop 経由で接続する前に、コンピュータ上で必要な追加のパスワードを制御できます。

接続時のダイアログ表示
この設定は、接続が確立される前に接続の許可を要求するリモート エンドのボックスをポップアップ表示します。

セキュリティ1.jpg

セッション終了時にロック画面を有効にする
これを有効にすると、Splashtop経由で切断した後、リモートコンピュータをコンピュータの選択画面にロックします。

画面を非表示にします
これを有効にすると、接続先のコンピュータの画面が黒くなるので、リモート コンピュータで何が起こっているのかを誰も見ることができないようにします。

キーボードとマウスをロックする
このロックを有効にすると、リモート コンピュータとマウスが作業に干渉しないようにします。

セキュリティ2.jpg